株式会社ジャストライト/浪岡智がおすすめする軽キャブコンの魅力と特徴

軽キャンピングカー

軽自動車を改造して作ったものが「軽キャンパー」です。
その中でも軽トラックをベースに改造されたものを「軽キャブコン」といいます。
軽キャブコンは軽トラックの荷台にシェルと呼ばれる居住スペースを取り付けるので、
自由度が高くなります。
軽キャブコンは、軽自動車の規格に収めながら広く内装を作っているものがあります。
バンタイプの軽キャンパーは就寝定員が2人のものが多いですが、軽キャブコンは
ポップアップルーフを使用することで、4人までの就寝が可能です。
軽自動車をベースに改造しているので、小回りが効くのも特徴です。
注意点としては、商用車で使われるようなバンを使用しているバンコンバージョンや、
大型トラックを使用しているキャブコンとは違い、広さなどの充実感には劣るため
快適性をキャンピングカーの第一条件に求めている方は別のタイプを選ぶことを
おすすめします。
また長距離の移動には向きません。
軽キャンパーは軽自動車を改造しているため、エンジンのパワーが無く、
疲れもたまりやすくなるので長距離の移動には向きません。
購入する際には将来どう使うかを考えることも必要かもしれません。
軽キャブコンで楽しいキャンピングカーライフを送ってみませんか?

株式会社ジャストライト
代表者名:浪岡智

参考はこちら
株式会社ジャストライト情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です