株式会社ジャストライト/浪岡智が送るキャンピングカーを安全運転で楽しむコツ

キャンピングカー

キャンピングカーは、車中泊の装備を備えて、
快適に旅をすることができる車です。
しかし、車体が大きいため、自分でも運転できるかと心配になるかもしれません。
キャンピングカーの運転のコツなどを紹介します。
※キャンピングカーは、運転免許証と運転できる車のルールは一般車と同じで
乗車定員や最大積載量などで変わってきます。
最大積載量や車両総重量は、法改正があったため取得時期によって条件が変わりますが、
普通免許で運転できる定員は10人以下で、一般車であればバスやワゴン車までは
運転できる乗車定員です。
※一般車との共通点と違い
キャンピングカーと一般車の違いは、車体の重量です。
キャンピングカーは車内を居住スペースとして改造して、
家具などを設置するので同じ車体でも重量が重くなります。
重量が重たい事を想定した運転をすることが大切になります。
※ブレーキとアクセル
キャンピングカーは車体のサイズに対して重量が重い場合があるので、
制動力が弱くなります。
軽自動車やバンをベースにしたキャンピングカーなど乗用車と似たサイズであれば
気になるような差はないかもしれません。
大きなキャンピングカーの場合は制動力が明らかに落ちるので、
早めのブレーキを心がけましょう。
普通車より大きいサイズのキャンピングカーに乗る時は、
カーブを曲がる時の安全確認には特に注意が必要になります。
などたくさんの注意点があります。
これらの点に注意しながら安全運転でキャンピングカーライフを楽しみましょう。

株式会社ジャストライト
代表者名:浪岡智

参考はこちら
株式会社ジャストライト情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です