株式会社ジャストライト/浪岡智がおすすめする軽キャブコンの魅力と特徴

軽キャンピングカー

軽自動車を改造して作ったものが「軽キャンパー」です。
その中でも軽トラックをベースに改造されたものを「軽キャブコン」といいます。
軽キャブコンは軽トラックの荷台にシェルと呼ばれる居住スペースを取り付けるので、
自由度が高くなります。
軽キャブコンは、軽自動車の規格に収めながら広く内装を作っているものがあります。
バンタイプの軽キャンパーは就寝定員が2人のものが多いですが、軽キャブコンは
ポップアップルーフを使用することで、4人までの就寝が可能です。
軽自動車をベースに改造しているので、小回りが効くのも特徴です。
注意点としては、商用車で使われるようなバンを使用しているバンコンバージョンや、
大型トラックを使用しているキャブコンとは違い、広さなどの充実感には劣るため
快適性をキャンピングカーの第一条件に求めている方は別のタイプを選ぶことを
おすすめします。
また長距離の移動には向きません。
軽キャンパーは軽自動車を改造しているため、エンジンのパワーが無く、
疲れもたまりやすくなるので長距離の移動には向きません。
購入する際には将来どう使うかを考えることも必要かもしれません。
軽キャブコンで楽しいキャンピングカーライフを送ってみませんか?

株式会社ジャストライト
代表者名:浪岡智

参考はこちら

株式会社ジャストライト/浪岡智がお送りするキャンピングカーの維持費について

車検

浪岡智がキャンピングカーの維持費についてご紹介します。

キャンピンカーの維持をするうえで気になることの一つが車検費用かもしれません。
普通自動車との違いをご紹介します。
キャンピングカーの車検事情は普通車と大きく変わりはありません。
費用も大幅に増加することはなく、逆に多くの場合、税制上の優遇があり、
車検の時にかかる費用がお得になることもあります。
キャンピングカーのモデルや使い方によって具体的な維持費は変わってきます。
冬に必要なスタットレスタイヤは、普通の車なら3年に一度の交換でいいですが、
重量が重いキャンピングカーでは毎年の交換が推奨されています。
キャンピングカーは法的にキャンピングカーという区分があるわけではありません。
車検において重要なのは分類番号です。
多くのキャンピングカーに割り当てられるのは「8ナンバー」で
特種用途自動車に分類されます。
車検にかかる費用の多くは、この分類番号によって決まり、乗用車だと初回は3年後、
以降は2年おきに対して、8ナンバーのキャンピングカー初回2年後、以降2年ごとになります。
多くのキャンピングカーが分類される8ナンバーは重量税が乗用車の半分程度で、
自賠責保険料は少し高くなりますが、毎年の自動車税も8ナンバーは優遇されています。
キャンピングカーも自動車です。
安全に走行するためには必ず車検は受けないといけません。
安全のためにコストをかけることも必要でしょう。
車検も含めて維持費面も考えて安全に楽しいキャンピングカーライフを送りましょう。
株式会社ジャストライト
代表者名:浪岡 智

参考はこちら

株式会社ジャストライト/浪岡智がお送りするキャンピングカー旅の必需品

キャンピングカーで旅を楽しみたい。アウトドアを満喫したいと思っても、
最初は何を持っていけばいいのかわからないものです。
キャンピングカーでの旅を快適にするための必需品やあれば便利なアイテムなど
をご紹介します。
※これがあれば安心、最低限のアイテム
キャンピングカーで初めて出かける際は、事前にチェックリストを作っておくのもよいでしょう。
車内がごちゃごちゃしないように、荷物はできるだけ少なくするのも大事です。
まずは着替えです。
基本的には泊まる日数分を持っていけば問題ないですが、一日追加する時などや濡れた場合などに
備えて一日分多く持っていくと安心です。
次に衛生用品などです。
日帰りで温泉などに泊まる際など、シャンプー、タオルなどは有料の場合があるので、
お風呂の用具を持っていくと多少の節約にもなります。
歯ブラシやティッシュなどの衛生用品も忘れずに!
行く場所によっては夜にかなり暗くなる場合もあるので、ランタンなどのライト類を持っていくと
夜でも安心です。
スマホを充電するための充電器は忘れずに持って行きましょう。
万が一キャンピングカーに何かあっても充電できるモバイルバッテリーもオススメです。
このように少しのアイテムでも持って行くことで十分にキャンピングカーでの旅を
楽しむことができます。
ぜひ楽しいキャンピングカーライフを!

株式会社ジャストライト
代表者名:浪岡 智

参考はこちら

株式会社ジャストライト/浪岡智がお送りするキャンピングカーの内装のポイント

キャンピングカー内装

キャンピングカーを選ぶときには、いろいろなポイントがあります。
内装は特に重要なポイントかもしれません。
キャンピングカーの内装についてご紹介します。
※キャンピングカーの内装で選ぶ
車内にベッドなどを設置して車に居住性を持たせたものがキャンピングカーです。
一人の車中泊や大人数でのキャンプなど用途はいろいろですが、
車内で過ごすはというのは共通点でしょう。
キャンピングカーを選ぶとき、快適に過ごせるような内装なのかなど、
内装に注目するのがおすすめです。
※キャブコンバージョン
キャブコンバージョンは運転席部分を残して車体後部を改造したものです。
キャンピングカー仕様のボディを取り付けていて、キャンピングカーらしく
大きな車体です。
広々としたスペースで、その多くは成人男性が立っていても天井に頭をぶつけることなく、
十分なスペースが確保されています。
※バスコンバージョン
マイクロバスの内部を改造して作られたキャンピングカーです。
もともとは10人以上や20人以上を乗せられるスペースを改造しているので、
キッチンや家具などが広く贅沢に作られています。
バスコンは車にキャンピング機能を持たせているというよりも
動く家といった印象を与えるかもしれません。
※バンコンバージョン
主に商用車で用いられるようなバンを改造したキャンピングカーで
乗用車と比べると大きいですが、バスコンなどと比べると社内のスペースは狭くなります。
外装には手を加えず内装のみを改造することから、比較的安価でキャンピングカーライフを
スタートできます。
内装は限られたスペースで用途を果たせるよう、設備などが選ばれて設置されています。
例えば、ベッドは大きいものを置くことができないため、普段は壁に収納し、
使うときに出すというものもあります。
※軽キャンパー
軽自動車をベースに改造したキャンピングカーで、車体が小さいため、他の種類と比べると
設備を詰め込めませんが、その分安く購入できるというメリットもあります。
軽キャンパーの内装は、スペースが限られている分、主にリビングスペースで構成されています。
ベッドはソファーの背もたれを倒すなどして、多くのモデルでは2人までが就寝できます。
内装に拘らず、小回りの利く車体でアウトドアを楽しみたい方には大きな選択肢の一つとなります。
このように一口にキャンピングカーといっても様々な内装があります。
自分の理想のキャンピングカーで楽しいキャンピングカーライフを送ってみませんか?

株式会社ジャストライト
代表者名:浪岡智

参考はこちら

株式会社ジャストライト/浪岡智が送るキャンピングカーを安全運転で楽しむコツ

キャンピングカー

キャンピングカーは、車中泊の装備を備えて、
快適に旅をすることができる車です。
しかし、車体が大きいため、自分でも運転できるかと心配になるかもしれません。
キャンピングカーの運転のコツなどを紹介します。
※キャンピングカーは、運転免許証と運転できる車のルールは一般車と同じで
乗車定員や最大積載量などで変わってきます。
最大積載量や車両総重量は、法改正があったため取得時期によって条件が変わりますが、
普通免許で運転できる定員は10人以下で、一般車であればバスやワゴン車までは
運転できる乗車定員です。
※一般車との共通点と違い
キャンピングカーと一般車の違いは、車体の重量です。
キャンピングカーは車内を居住スペースとして改造して、
家具などを設置するので同じ車体でも重量が重くなります。
重量が重たい事を想定した運転をすることが大切になります。
※ブレーキとアクセル
キャンピングカーは車体のサイズに対して重量が重い場合があるので、
制動力が弱くなります。
軽自動車やバンをベースにしたキャンピングカーなど乗用車と似たサイズであれば
気になるような差はないかもしれません。
大きなキャンピングカーの場合は制動力が明らかに落ちるので、
早めのブレーキを心がけましょう。
普通車より大きいサイズのキャンピングカーに乗る時は、
カーブを曲がる時の安全確認には特に注意が必要になります。
などたくさんの注意点があります。
これらの点に注意しながら安全運転でキャンピングカーライフを楽しみましょう。

株式会社ジャストライト
代表者名:浪岡智

参考はこちら

株式会社ジャストライト/浪岡智がペットと楽しむキャンピングカーライフをご紹介

猫

「ペットと旅行を楽しむ」
キャンピングカーを購入する理由の一つとして挙げる方も多いようです。

実際にどのようなメリットがあるのでしょう。
※広がる選択肢
ペットとの旅行ではまずペット可の宿泊施設を探すところから始まります。
ですがキャンピングカーを持っていれば、宿を気にしなくても、
ペットとの旅行を楽しめるため大きく選択肢が広がります。
※どんな種類のペットとも旅行ができる。
最近ではペットは家族の一員となっています。
ペット可の宿泊施設も多くなってきています。
しかし、すべての種類のペットが宿泊可能ではなく、
犬のみの受け入れの場合が多いようです。
キャンピングカーを購入すると、家族の一員であるペットと離れることなく、
一緒に旅行することができます。
きっと素敵な思い出が作れることでしょう。
※楽しい思い出
ペットを一人にした場合気になるのは、
「さみしい思いをしていないか?」
ということです。
慣れない環境に不安がっていないかなど、
多くの気がかりを抱え、いまいち楽しめなかった、
という話もあるようです。
キャンピングカーでの旅行なら楽しい思い出を共有することができ、
最高の旅行となるでしょう。
※注意点
どんなペットでも乗せる時には注意点があります。
車酔いなどは個体差がありますが、旅行前にある程度距離を試走してみて、
体調の変化がないか確認しておくのも大事です。
トイレはいつも通りの環境にする事も大事です。
時々休憩を取ったりしながら、ペットのストレス解消も考えましょう。
などなど注意点もたくさんあります。
これらに注意しながらキャンピングカーでペットとの楽しい旅行を楽しんでみてはいかがでしょう。

株式会社ジャストライト
代表者名:浪岡 智

参考はこちら

株式会社ジャストライト/浪岡 智のキャンピングカーのマナー

キャンピングカーマナー

株式会社ジャストライトの浪岡 智がキャンピングカーを利用する際のマナー、
注意点をお伝えします。
最近「道の駅」や高速道路のパーキングエリアなどの公共の場所でのキャンピングカーの
マナー違反が増えているようです。
長時間の滞在や、生活ごみの不法投棄などを行うユーザーを退去させようという声が、
駐車場の管理者などから上がっているようです。
こうした行為はマナーを守ってキャンピングカーの旅を楽しんでいる多くのユーザーにも、
窮屈な思いをさせることになるかもしれません。
※公共駐車場でのマナー
1.道の駅、高速道路のパーキングエリアなどは宿泊施設ではないので、
休息は最低限の仮眠程度にとどめ、連泊や長期の滞在はやめましょう。
2.道の駅や高速道路のパーキングエリアはキャンプ場ではないので、
短時間の休息であっても、オーニングを広げたり、
キャンプ場のように利用することはやめましょう。
また周囲にも配慮して、早朝や深夜の大声や生活音にも注意が必要です。
3.許可なく公共の電源にキャンピングカーを接続することはやめましょう。
4.旅行中などに出た生活ごみは、たとえゴミ箱があっても投棄せず、
持ち帰りましょう。
などの注意点があります。
マナーを守りみんながキャンピングカーライフを楽しめるようにしましょう。

株式会社ジャストライト
代表者名:浪岡 智

参考はこちら

株式会社ジャストライト/浪岡 智がお伝えしたいキャンピングカーの種類

キャンピングカー

キャンピングカーの種類について株式会社ジャストライトがご紹介します。
※定義
キャンピングカーはナンバープレートは8ナンバーとなり、
日本の道路運送車両法においては、
「特種用途自動車」という分類に当てはまります。
キャンピングカーとして登録するには厳しい基準があり、
それをクリアしなければなりません。
※分類は
様々な形状があるキャンピングカーですが、
キャンピングカーの構造やベースとなっている車両などから分類され、
「バンコン」「キャプコン」「バスコン」などと呼ばれています。
「〇〇コン」の○○の部分が車両のベースなどのことで、
「コン」はコンバージョンの略で「改造」などの意味を表しています。
例えば「バンコン」ならバンなどをベースとして、
内装に居住スペースを取り付けたタイプとなります。
※バンコンバージョン(バンコン)
バンコンとは、バンコンバージョンの略で、
キャラバンや、ハイエースなどの内部を改造したものです。
日本では購入者には一番人気のタイプで、
普通車のように利用でき、必要な時にはキャンピングカーとして利用できます。
特徴は走行性と運転のしやすさなどです。
初心者や運転に不安がある人にオススメです。
※キャブコンバージョン(キャブコン)
キャブコンとは、キャブコンバージョンの略で、
貨物トラックから貨物部分を取り除き、
そこに居住スペースを載せたものです。
居住スペースを立って歩けるほど広い居住スペースが特徴です。
運転席上部にバンクヘッドと呼ばれる就寝スペースがあり、
広々と眠れることも魅力です。
※バスコンバージョン(バスコン)
バスコンとはバスコンバージョンの略で、
マイクロバスなどをベースにしたものです。
マイクロバスは車体の割に小回りが効く車両です。
特徴はベースがバスなので広々としたスペースと、
乗り心地の良さです。
※トラベルトレーラー(キャンピングトレーラー)
トラベルトレーラーとはエンジンを持たず、
車でけん引するタイプのキャンピングカーです。
自走することができないので、トレーラーとして扱われます。
キャンピングトレーラーは居住スペースが広く、
間取りが自由なのが魅力です。
※軽キャンピングカー(軽キャン)
軽キャンピングカーとは軽自動車をベースに改造しているもので、
他のキャンピングカーと比べ価格が安くて、小回りも効いて、
普段使いもしやすいため人気です。
軽キャンピングカーの魅力は何といっても低価格です。
ベースの車両が軽自動車なので、
他のキャンピングカーより価格が圧倒的に安くなります。
ここまでいくつかキャンピングカーを紹介してきました。
株式会社ジャストライトではキャンピングカーも取り扱っております。

株式会社ジャストライト
代表者名:浪岡 智

参考はこちら

株式会社ジャストライト/浪岡 智おすすめ/熱い夏も楽しいキャンプ

キャンプ

基本的にキャンプはどの季節でも楽しめますが、
やはり人気なのはアクティビティーなどが楽しい夏シーズンしれません。
暑さが気になることもあるかもしれませんが、
ちょっとした工夫やアイテムなどで暑さも随分変わります。

株式会社ジャストライトの浪岡智が夏のキャンプについてご紹介します。

※浪岡智おすすめ夏のキャンプの暑さ対策

涼しい環境で夏のキャンプを楽しむなら、
比較的標高の高いキャンプ場を選ぶとよいでしょう。

昼間はどこでも暑いものですが、
標高が高ければ夜の気温はそんなに高くならないので、
不快感をある程度緩和できます。
しかし、標高の高いキャンプ場では昼夜の寒暖差が大きいため、
体を冷やさないように注意しなければなりません。

※夏のキャンプでキャンピングカーがおすすめな理由

キャンピングカーは元からある車載エアコンの他にも、
家庭用エアコンを取り付けることができます。
家庭用エアコンはエンジン停止中でも使えるため、
暑い夜でも快適に眠ることができます。
ただしエンジン停止中でもエアコンを使うには、
電源としてサブバッテリーや電圧を変換するインバーターが必要で、
どのキャンピングカーでも無条件に使えるわけではありません。

※初心者でも気軽に楽しめる

キャンピングカーであれば快適な社内で過ごせるためキャンプのハードルが下がり、
キャンプ初心者でも気軽にアウトドアを楽しめます。

そんな快適にキャンプを楽しめるキャンピングカーを
株式会社ジャストライトでぜひ。

株式会社ジャストライト
浪岡智

参考はこちら

株式会社ジャストライト/浪岡智の冬のキャンプ情報

キャンピングカー

冬のキャンプの魅力について
キャンピングカーを使った冬キャンプの魅力について
株式会社ジャストライトの浪岡 智が紹介します。
夏はキャンパーでごった返すキャンプ場ですが、
オフシーズンの冬は人が少なくなります。
雄大な自然や景色を独り占めできるチャンスでもあります。
しかし近年冬のキャンプが人気が出てきているため、
タイミングやキャンプ場によっては、冬でもキャンパーが多いこともあります。
※冬のキャンプの魅力
夏では蚊などの害虫を避けられないため、対策が必須ですが、
冬では虫もそれほど多くないため対策があまり必要がありません。
虫が苦手な人で夏キャンプが楽しめないという方には
冬のキャンプがおすすめかもしれません。
※冬ならではの自然
美しい自然を感じられるのが冬キャンプの魅力の一つかもしれません。
雪の日には一面の銀世界、天気のいい日には雄大な澄み切った星空も楽しめます。
※冬キャンプの注意点
暖を取るために焚火、薪ストーブなど火を使います。
どの方法も取り扱いには十分に注意しなければなりません。
焚火などは引火に十分注意しなければなりませんし、
火傷にも要注意です。
※防寒対策
当たり前かもしれませんが、冬の野外はとても寒いので、
暖房器具、防寒インナーなど体温の低下に備えることも必要です。
皆さんもキャンピングカーで冬のキャンプ楽しんでみませんか?

株式会社ジャストライト
代表者名:浪岡 智

参考はこちら